HOME > 農業用製品 > カルゲンの濁水軽減効果

カルゲンの濁水軽減効果について

 

カルゲンは、カルシウムイオンの働きで水田の濁り水を軽減する事ができます!

代掻き時には、水田の水はドロドロに濁ってしまいますが、カルゲンを元肥施用していると、翌日には澄んだ水に戻ります。

これは、カルゲンの主成分である「カルシウム」のイオンの働きで、土壌コロイドを吸着させるからです。

 

                                                   カルゲンを1つまみ投入

dakusui_keigen_01.jpg

 

水田の土壌を同量計量し、同量の水を入れ攪拌し、一時間放置した状態です。

カルゲンの投入されたビーカーは、濁り水が軽減されています。

 

これと同じ現象が本田でおこっています。

代掻き前にカルゲンを施用し、代掻き作業を行うと、翌日には圃場の水は澄んだ状態に戻っています。

また、土壌の団粒化構造が形成されますので、フワフワの土になります。

 
  カタログダウンロード よくある質問
  取扱製品一覧 お問い合わせ